近年、新たな投資先や自宅でも簡単にできる副業として注目されているのが仮想通貨を使った取引です。

仮想通貨は他に暗号資産という呼ばれた方もされているように、特殊な暗号鍵によって価値を生み出すデジタルデータのことを意味しています。
通常の通貨は国や銀行など単一の発行元があって、その責任によって価値が保証されています。

仮想通貨はブロックチェーンというシステムを使い発行元を利用者全体に分散する仕組みになっています。
これによって特定の権力に縛られることのない、自由な資産を確保できるというのが仮想通貨の特徴となっています。
ただし誰かが価値を保証してくれることがないため、その運用は基本的に全て自己責任となります。

投資に失敗したからといって誰かに返金を要求することはできないため、仮想通貨の取り扱いを始める前には必ずその基礎的な仕組みを理解しておくようにしましょう。
仮想通貨を手に入れる手段は主に2種類あります。
一つはマイニングと言って、自分のパソコンを使って仮想通貨を「採掘」する手伝いをする方法です。

マイニングを単純に説明すると、自分のパソコンを仮想通貨を生み出すブロックチェーンの一部に登録することによってその処理性能に応じた報酬が発生するというものです。
ただしマイニングで儲けを出すには高性能のパソコンを長時間稼働し続ける必要があるため、パーツ代や電気代と日々変動する仮想通貨の価値の差額をしっかり見極めていくことが重要になります。

知識のある人なら放ったらかしのまま副業並の利益を上げることも可能ですが、初心者がいきなりマイニングで儲けを出すのはハードルが高いと考えておいた方がいいでしょう。

仮想通貨を入手するもう一つの方法は、仮想通貨取引所で現金購入するというものです。
仮想通貨取引所は仮想通貨と他の通貨の両替を行う場所で、LINEや楽天といった大手も含めた様々な事業者がネット上で運営しています。

たとえば日本円に対して仮想通貨が安い時に取引所で大量に買っておいて、値上がりした時に売れば差額で儲けることができます。
これは通常のFX取引の仮想通貨版となるため、投資としてもわかりやすく初心者にも少額から始めやすいといったメリットがあります。

一方で仮想通貨の値動きは外貨よりも激しく、油断をすると一瞬で損失を受けることもあります。
仮想通貨取引に際しては詐欺まがいの行為も横行しているため、取引所に登録する際は必ず信頼のおける企業が運営していることを確認しておきましょう。

仮想通貨の取引そのもので発生した損失に関しては自己責任となりますが、取引所に関する問題や投資の相談などは大手企業であれば比較的気軽に受け付けてもらえます。