今回は、仮想通貨を「副業にしたい」という人に向けて、副業にするコツを解説していきます。

では、まず「仮想通貨は副業になるのかどうか」という点についてですが、副業どころか本業の収入を超える可能性さえあります。
仮想通貨は「何十倍」になったりします。なので、例えば10万円分の仮想通貨を持っていた場合、それが数百万になったりするのです。
なので、副業としての収入どころか本業の収入を超える可能性さえあるのです。

では、どうやったらそんなにたくさんのお金を稼げるのでしょうか?
また、そんなにたくさん稼いでしまったら「税金関連」が心配ですよね。
また、「会社にバレたらまずいのでは」と思う方も多いでしょう。それについても解説します。

まず、仮想通貨に投資をする前に、本やインターネットで仮想通貨について勉強してください。
これはあらゆる投資に言えることですが、「無知な人」はほぼ確実に負けます。なので、ギャンブル的な方法で投資をするのではなく、まずは仮想通貨について知りましょう。

次に、「資本」を集めます。最低でも10万はほしいですが、出来れば100万円はほしいですね。
「そんなにすぐにたまらないよ」と思うかもしれませんので、おすすめの貯め方を紹介します。
ボーナスを、全額貯金してみてください。そうすると、かなり貯まりやすいと思います。
日々の生活費で給料が消えてしまう人も多いと思いますので、そういう方はこの方法を使ってみてください。

そして、「知識」と「資本」を用意出来たら、やっと仮想通貨の投資に入ります。
もちろん、仮想通貨に投資し始めても、勉強は続ける事は大切ですが。

では、仮想通貨の税金関連の事と、「会社にバレるかどうか」について書いていきます。
まず、会社員の場合は20万以上の収入があった場合に、確定申告が必要になります。
確定申告する際の、「住民税の支払い」によって会社にバレてしまうのです。
やり方によってはバレないで済む方法もあります。
ですが、仮にバレたとしても、仮想通貨は「投資扱い」です。
一般的な副業とは異なり、「投資」となれば容認する会社が多いです。
公務員の方でも副業としてではなく、「投資」としてなら良いというわけです。
なので、副業規定があり心配されている方でも、仮想通貨ならほぼほぼ問題ないかと思います。
ただし、確定申告が必要なだけの利益が出てしまったら、必ず確定申告はしましょう。面倒くさくても、絶対に脱税はしてはいけません。

今回は、仮想通貨が副業になるのかどうか、副業にするためのコツについて解説しました。
参考になれば幸いです。